メルル

メルゲループが好き

デッキ紹介【成長グール】

はじめに

こんにちは、ゆめはです。

今日紹介するデッキは【成長グール】です。デッキ名は友人に付けてもらいました。

デッキコンセプトは《蒼き団長ドギラゴン剣》が登場してから直ぐに考案された【成長バスター】の墓地ソース版といったところでしょうか。革命チェンジを多用し墓地を肥やしつつビートを刻んでいくデッキになります。

現在、最もポピュラーな形の墓地ソースである【赤黒t青墓地ソース】とは回し方や使用感はかなり違いますが、比較的スムーズに回せるような構築に纏まったと思います。

デッキリスト

カード解説

《闇戦士ザビ・クロー》

f:id:shikinaji:20190713233607j:plain

1マナ初動。ほぼノーデメリットの革命チェンジ元となるアタッカー。

2ターン目に《戦略のD・H アツト》と《【問2】ノロン⤴︎》で革命チェンジ先を掘りに行ってこのカードとチェンジさせます。

元々は1マナ初動は《ねじれる者ボーン・スライム》と共に合計8枚詰んでいましたが、3ターン目辺りからトップが腐ってしまう場面が多く感じたので1マナは4枚(+《デスマーチ》)に抑えました。

《死神術師デスマーチ

f:id:shikinaji:20190713234026j:plain

闇と水を軸にしたデッキで確保出来る貴重な疑似SAのクリーチャー。

クロスファイア》と共に詰めに使ったり、革命チェンジを利用して進化元にした墓地の闇のクリーチャーを回収したり、様々な使い方が出来るので非常に腐り辛く汎用性の高いカードです。

ただし、墓地に進化元のクリーチャーがないと召喚できないという欠点もあるので4枚ではなく3枚の採用になりました。

《【問2】ノロン↑》
《戦略のD・H アツト》

f:id:shikinaji:20190715213603j:plainf:id:shikinaji:20190715213535j:plain

初動兼ルーター。革命チェンジ先のクリーチャーを探しつつ墓地に送りたい《イワシン》・《グール》や不要になった初動のカードを落として手札を整えます。

墓地リソースの確保と単色文明の安定性を考慮するとこの枠には《堕魔 ドゥリンリ》や《オタカラ・アッタカラ》も候補に挙げられますが、革命チェンジを軸にしているので墓地リソースを溜めること以上に手札に革命チェンジ先を引き込むことが重要となってくるため、多色事故には目を瞑り《ノロン↑》と《アツト》を選択しました。

《第3種ベロリンガM》
《【問2】ノロン》

f:id:shikinaji:20190713235330j:plainf:id:shikinaji:20190713235347j:plain

革命チェンジ先。この2種どちらかを引き込まないとゲームが始まりません。

ベロリンガ》は《ホメホメ老句》と同等の墓地肥やし効果を持っています。《老句》とは違い前提条件(革命チェンジ元)が必要という制約こそありますが、3枚の墓地肥やしは非常に強力です。

ノロン》は1枚ルーター。不要になった革命チェンジ元のクリーチャーを捨てつつデッキからキーカードを掘り起こします。同じ文明で革命チェンジを挟んで墓地肥やしをするカードとして《ジーン↑》が存在します。あちらは手札の枚数を増やせますが、引き込むカードを相手に選択をさせるという大きな欠点があるため、採用は見送りました。

《音精 ラフルル》

f:id:shikinaji:20190715214512j:plain

ベロリンガ》《ノロン》と同じく革命チェンジ先。

闇を軸としたデッキなので革命チェンジ元となるクリーチャーは少なめですが、盾が厚いデッキに対しては物凄く強いカードであることは確かなのでピン挿しです。

《龍装鬼オブザ08号/終焉の開闢》

f:id:shikinaji:20190713234709j:plain

デッキを回すことに徹しているこのデッキの中で唯一相手のボードに触れるカード。

このデッキには墓地ソースの代表とも言える焼きカードの《爆撃男》が入ってないため唯一の除去カードとなるので慎重に使いましょう。

呪文面は墓地から《デスマーチ》や《クロスファイア》といったSAを回収する際に使用します。詰めの段階でとても有効に働きます。

黒神グールジェネレイド

f:id:shikinaji:20190713235018j:plain

墓地に貯めることでドラゴンに擬似的な除去耐性を持たせます。
ただ、バウンスには無力なのでカウンターカードとして《バイケン》や《破壊GO!》が、そして汎用カードとして《流転》が採用されやすい昨今は腐りやすいのが実情です。それを踏まえるとあまり多く積まない方が良いかもしれません。

ちなみにこのデッキにはS・トリガーが入っていませんがもし入れるとしたら《グール》の枠を《クロック》に替えると良いと思います。ただ、交換してしまうとデッキコンセプトが崩壊するので私は《グール》で行きます。意地です。

まとめ

普通の墓地ソースとは一風変わった攻めっ気の強いデッキなので触ってみると真新しい感覚が味わえると思います。

どうしても身内環境の《ミクセル》が邪魔で困るという場合はテックカードの《ラフルル》や《グール》を切って《爆撃男》を採用すると幾許か楽になると思います。《デスマッチ・ビートル》や《クローチェ・フォーコ》は諦めるしかないです。。。

大半のカードがレアリティが低くお安いパーツばかり(高いカードは《オブザ》くらい)なので是非作って回してチェンジ型の墓地ソースを楽しんでみてください。