メルル

メルゲループが好き

ハースストーン復活

進化とSnipSnapという癌の摘出に成功したハースストーンはようやく対戦ゲームとして復活を遂げました。アクティブユーザー数はかなり減ったと思いますが何とか持ち直して欲しいものですね。

さて、気付けば新エキスパンションまでもう1週間もありません。炉端ではプレリでパック剥きが始まるようですが、自分は時間が合わなかったので行けなさそうです。嘘です。出不精なので行きません。ネムシーは夢のまた夢ですね。

そんな陰気な自分ですが、新エキスパンションが解禁されたらその陰気さに相応しいワクサドレッドを使いたいと思います。

f:id:shikinaji:20191207071846j:image

現在のローグデッキの軸は強盗シナジーが頭一つ抜けていますが、他にも様々なデッキの軸が存在します。そのためワクサドレッドというコンセプト自体は決まってもそこに強盗を添えるか、サメを添えるか、はたまた新たな軸となり得るドラゴンを添えるか、といった選択肢が豊富でデッキ構築は難しく、同時に非常に面白いですね。

おそらくラダーで新エキスパンションが解禁されると安定した軸は決まってしまうので誰もがエアプである今が最も構築幅が広く、様々なデッキタイプが見れるのでとても楽しいです。

自分は上のリストにあるよう強盗ガラクロンドを選びました。怪盗紳士とシャクが再度スタン落ちした今、故買屋や血の復讐がどれだけ安定するかは分かりませんが活躍を期待をしています。

第48回闇有利古戦場

準備編

シス未最終。水着ゾーイ・ニーア未所持。さらにはデス3凸と悲惨な状況の中、とりあえずアビスパ4本は準備した。頑張った。

f:id:shikinaji:20191117144500p:plainf:id:shikinaji:20191117144500p:plainf:id:shikinaji:20191117144500p:plainf:id:shikinaji:20191117144500p:plain

しかし、ニーアコンジャクデスラーの破壊力を目の当たりにしてアビスパ程度ではどうにもならないと確信。本戦の稼ぎは団員に委ねることにした。

ちなみに直前のサプチケはターニャや闇ユーステスには目もくれずタミンを取った。団員には申し訳ないと思っているが反省はしてない。

EX+編成

f:id:shikinaji:20191117171139j:plain

f:id:shikinaji:20191117171149j:plain

メカポン、ジャンヌ1アビ、バハ召喚で2,000万。ダメージ上限に引っ掛かるので2,000万は結構ギリギリ。

f:id:shikinaji:20191117171204j:plain

f:id:shikinaji:20191117171216j:plain 

ATはデュアルアーツ、バハ召喚で2,000万。一応全体に刻印が乗るため、裏にフォルテを配置したが役に立ったかは分からない。

95HELL

f:id:shikinaji:20191117171059j:plain

f:id:shikinaji:20191117171112j:plain

f:id:shikinaji:20191117170732j:plain
90HELLでトリガーをチェックした際に単体攻撃が多いことが分かったのでかばう持ちのコルルと黒騎士を投入。あと1枠はただ強のヴァンピィちゃん。

かばう2枚持ち、スロウ2枠、加えて恐怖と受けとしての安定度はかなり高かった。しかし、連撃率がヘルマニの奥義頼りで非常に不安定な上、タイムも他プレイヤーと比較してかなり遅めだったため、貼り付く時間が無駄だと考えてさっさと下記のフルオート編成に移行した。

f:id:shikinaji:20191117170716j:plain

f:id:shikinaji:20191117170723j:plain
普天幻魔の奥義で安定度を高めたかったので主人公をベルセからグローリーに変更。

フルオートにすると自傷し続けるであろうコルルと優秀な70カット持ちのオーキスを交換。

裏は適当にレベル100の2人を投入。

とにかくオートで発動する黒騎士のネグロドレインがバカみたいに強く、5凸リミキャラの強さをこれでもかと言わんばかりに見せつけられた。

 100HELL

f:id:shikinaji:20191124214127j:plain

f:id:shikinaji:20191124214133j:plain
ほぼフルオートで周回。

長期戦になることは明白だったためメイン武器にベリアル斧、サブ武器に麒麟剣を採用して睡眠に頼らずに被ダメージを抑える武器構成に変更。

セワスチアンを採用したことで生存力がかなり上がった。

150HELL

f:id:shikinaji:20191124214143j:plain

代わり映えのしない面子。

敵の火力が上がってオーキスがロスマリしやすくなったため、即座にデスで落とせる4番目に配置を変更。

結果

Bクラス2戦→Aクラス2戦 4-0

貢献度 476,887,670

順位 35648位

消費肉 約3,000個

雑感

敵が弱かったためパーティの縛りが緩く、アクティブに動いてくれる団員が多かったのでとても嬉しかった。また、人数で叩くと効率の良い150HELLの登場により団イベとしての価値が高まった気がする。

黒騎士が強かった。

フルオートが実装されて初めての古戦場でチャンクの数の予想が付かなかったが足りて良かった。肉は多いに越したことはない。

黒騎士が強かった。

最終シスを準備できなかったのが若干の心残り。ただフルオート周回自体は出来ていたので別にいいかなって気もする。

黒騎士が強かった。

f:id:shikinaji:20191120164456p:plain

お前がMVPだ

 

リミジャンヌ実装!

リミテッドに新ジャンヌが実装されました!

サポアビ2が属性バフ強化なことを考えるとかなり強そうです!

なんとしてでも当てたい。そう思いましたが無料ガチャチケと石は合わせて200連分という中途半端な数しか溜まっていませんでした。

しかし、同時に新規光キャラ(シトリ)がピックアップされている今が大チャンス。次はいつピックアップされるか分かりません。

これは引くしかない。

 

10〜50連目までSSRなし。心が折れそうになりましたが引き続けます。

60連で虹石になりオーラフラジェルム。悪くはありません!

そして70連目でゴリラと金月をゲット!流れが来てます!

そして……

 

 

 

f:id:shikinaji:20191117042319j:image

やったー!ジャンヌきたー!

 

 

 

f:id:shikinaji:20191117042336j:image

死んだ。

ダーク・ラプチャー(HARD)@風マグナ

風マグナでルシHクリアしました!

f:id:shikinaji:20191024234344j:image

風マグナは渾身と背水のハイブリッドでHP量に依存せず火力が安定している反面、守護と攻刃を両立している武器が少ないので初期HPを30,000に乗せるのにとても苦労しました。

ただ、その点さえ超えられればアンチラユリウスでez clapって感じです。

編成

f:id:shikinaji:20191024234802j:image

f:id:shikinaji:20191024234958j:image

f:id:shikinaji:20191024235033j:image

編成は風でキャリーをしている方の編成を参考に、自分の持ってる武器・召喚石で少しアレンジして組みました。

キャリーの方が使っているだけあって奥義の回転率が良くアンチラによる赫刃削りをしやすいのでオススメの編成です。ディスペル不採用の理由やバイヴの使い方などは記事を書く気が起きたら書こうと思います。

雑感

光属性に続く2属性目のクリアとなりました。

光に比べるとリミヴィーラのマージとフュンフのヒールがない分、若干の動き辛さを感じました。高難易度においてあの2人の硬さは偉大ですね。

次は水属性か土属性をクリアしたいと思っています。

というか他2属性は…

f:id:shikinaji:20190920201027j:plainf:id:shikinaji:20191025181823j:plain

無理かな〜〜〜

 

【追記】

風属性を使っての動きがまだ詰め切れてないのでバイヴの動きなどの記事を書くのは止めました。精進します。

VECローテーション杯

デッキリスト

f:id:shikinaji:20191012201359p:image

スタンダードな【自然ネクロ】に《カムラ》・《シヴァ》・《死の夢の少女》を入れた構成。その中でも特に《カムラ》・《アイシャ》による7点バーストや《シヴァ》の4点バーンは詰めとして良く機能するため、ライフレースが重要な現環境ではこの2枚の活躍の機会は非常に多かった。それに対して《死の夢の少女》は刺さる盤面が少なかったので本当に採用するべきなのか考察が必要。

結果

A決勝3-2

負けは自然ドラゴンと自然ビショップ。

雑感

対ドラゴンは不利マッチなので割り切りが付くが、プレイ面での対策を練ってきた対ビショップを落としてしまったのは悔しく感じた。あとは

アニエスナーフして。

ムニャールナーフして。

ミルフィナーフして。

ベイリオン削除して。

ヴァイディ削除して。

第47回火有利古戦場

準備編

アルバハにて脱法したヒヒを使いエッセルを最終上限開放。

カタリナ・ラカムの最終上限開放が9月に決定したため、エッセルとのシナジーを考えて火オメガ銃を作成。

さらにサンを5凸させてアラナンを取得し準備万全と思ったが

f:id:shikinaji:20190920201558j:image

最終は間に合わず

f:id:shikinaji:20190920201027j:image

おりゃん。

 

EX+編成

f:id:shikinaji:20190920194450j:image

f:id:shikinaji:20190920194542j:image

カニック1+2アビ、アラナン1+3アビ、シヴァ召喚で2,000万。ATも同じ編成でメカニック1+2アビ無し。

金曜日はフライデーが最強。

95HELL

f:id:shikinaji:20190922234843j:image

f:id:shikinaji:20190922235452j:image

f:id:shikinaji:20190922091023j:image

ガルラが3体攻撃なので被弾率を考慮して烈火ノ太刀をメイン持ち。マギサとの防デバフの兼ね合いでクリュではなくグローリーを選択。

初ターンはボレミア2アビのみ切ってアラナン降臨。2ターン目からデバフを入れてスタート。防御値が15なので主人公マギサアラナンで防御を下限まで落として十狼の雄叫びが起きるまでターンを回し続ける。

十狼の雄叫びで〆る想定で動くのでサブ召喚石のシヴァ*1は採用せずに被ダメージを抑えられるグリームニルを採用。ステータスに響くからいい加減3凸させたい。

連撃率の低さ(特にアラナン)が課題だったがそれを補うためにシミターを入れると火力が落ちるので諦めた。

100HELL

f:id:shikinaji:20190926011153j:image

f:id:shikinaji:20190926011157j:image

長期戦になることを見越してボレミアを抜きアラナンを下げアンスリアを投入。

アンスリアの役割は全体のテンションupによる火力維持。ガルラが複数体攻撃なので普段よりも回避時効果の発動機会が多く、存分に強さを発揮した。

主人公のアビリティをドゥプレ・クリオからグラビ・アロレに変更。これも長期戦を見た構成。

武器は殴り合いを視野に入れてコロ杖を全て抜きオッケに変更。どうせなら刹那を活かすために朱雀銃も替えた方が良かった*2。ついでに数値が足りてなかったので+99を移動。

召喚石は95HELLから変更なし。ただ、95の時よりもテュポーンがかなり役立った印象を受ける。やはり強制CTリセット+奥義バーストは攻守両面どちらを見ても強力。

結果

Bクラス 3-1

貢献度 約270,000,000

順位 約65,000位

消費肉 約1,800個

雑感

念のためオッケをちゃんと用意しておくべきだった。

次の火古戦場までにアグニス編成に移行する準備を終わらせておきたい。

無料でイクサバ16本手に入らないかな〜〜〜〜〜

*1:流れるように行われるシヴァハラ

*2:オッケ掘りをサボった罪

デッキ紹介【成長グール】

はじめに

こんにちは、ゆめはです。

今日紹介するデッキは【成長グール】です。デッキ名は友人に付けてもらいました。

デッキコンセプトは《蒼き団長ドギラゴン剣》が登場してから直ぐに考案された【成長バスター】の墓地ソース版といったところでしょうか。革命チェンジを多用し墓地を肥やしつつビートを刻んでいくデッキになります。

現在、最もポピュラーな形の墓地ソースである【赤黒t青墓地ソース】とは回し方や使用感はかなり違いますが、比較的スムーズに回せるような構築に纏まったと思います。

デッキリスト

カード解説

《闇戦士ザビ・クロー》

f:id:shikinaji:20190713233607j:plain

1マナ初動。ほぼノーデメリットの革命チェンジ元となるアタッカー。

2ターン目に《戦略のD・H アツト》と《【問2】ノロン⤴︎》で革命チェンジ先を掘りに行ってこのカードとチェンジさせます。

元々は1マナ初動は《ねじれる者ボーン・スライム》と共に合計8枚詰んでいましたが、3ターン目辺りからトップが腐ってしまう場面が多く感じたので1マナは4枚(+《デスマーチ》)に抑えました。

《死神術師デスマーチ

f:id:shikinaji:20190713234026j:plain

闇と水を軸にしたデッキで確保出来る貴重な疑似SAのクリーチャー。

クロスファイア》と共に詰めに使ったり、革命チェンジを利用して進化元にした墓地の闇のクリーチャーを回収したり、様々な使い方が出来るので非常に腐り辛く汎用性の高いカードです。

ただし、墓地に進化元のクリーチャーがないと召喚できないという欠点もあるので4枚ではなく3枚の採用になりました。

《【問2】ノロン↑》
《戦略のD・H アツト》

f:id:shikinaji:20190715213603j:plainf:id:shikinaji:20190715213535j:plain

初動兼ルーター。革命チェンジ先のクリーチャーを探しつつ墓地に送りたい《イワシン》・《グール》や不要になった初動のカードを落として手札を整えます。

墓地リソースの確保と単色文明の安定性を考慮するとこの枠には《堕魔 ドゥリンリ》や《オタカラ・アッタカラ》も候補に挙げられますが、革命チェンジを軸にしているので墓地リソースを溜めること以上に手札に革命チェンジ先を引き込むことが重要となってくるため、多色事故には目を瞑り《ノロン↑》と《アツト》を選択しました。

《第3種ベロリンガM》
《【問2】ノロン》

f:id:shikinaji:20190713235330j:plainf:id:shikinaji:20190713235347j:plain

革命チェンジ先。この2種どちらかを引き込まないとゲームが始まりません。

ベロリンガ》は《ホメホメ老句》と同等の墓地肥やし効果を持っています。《老句》とは違い前提条件(革命チェンジ元)が必要という制約こそありますが、3枚の墓地肥やしは非常に強力です。

ノロン》は1枚ルーター。不要になった革命チェンジ元のクリーチャーを捨てつつデッキからキーカードを掘り起こします。同じ文明で革命チェンジを挟んで墓地肥やしをするカードとして《ジーン↑》が存在します。あちらは手札の枚数を増やせますが、引き込むカードを相手に選択をさせるという大きな欠点があるため、採用は見送りました。

《音精 ラフルル》

f:id:shikinaji:20190715214512j:plain

ベロリンガ》《ノロン》と同じく革命チェンジ先。

闇を軸としたデッキなので革命チェンジ元となるクリーチャーは少なめですが、盾が厚いデッキに対しては物凄く強いカードであることは確かなのでピン挿しです。

《龍装鬼オブザ08号/終焉の開闢》

f:id:shikinaji:20190713234709j:plain

デッキを回すことに徹しているこのデッキの中で唯一相手のボードに触れるカード。

このデッキには墓地ソースの代表とも言える焼きカードの《爆撃男》が入ってないため唯一の除去カードとなるので慎重に使いましょう。

呪文面は墓地から《デスマーチ》や《クロスファイア》といったSAを回収する際に使用します。詰めの段階でとても有効に働きます。

黒神グールジェネレイド

f:id:shikinaji:20190713235018j:plain

墓地に貯めることでドラゴンに擬似的な除去耐性を持たせます。
ただ、バウンスには無力なのでカウンターカードとして《バイケン》や《破壊GO!》が、そして汎用カードとして《流転》が採用されやすい昨今は腐りやすいのが実情です。それを踏まえるとあまり多く積まない方が良いかもしれません。

ちなみにこのデッキにはS・トリガーが入っていませんがもし入れるとしたら《グール》の枠を《クロック》に替えると良いと思います。ただ、交換してしまうとデッキコンセプトが崩壊するので私は《グール》で行きます。意地です。

まとめ

普通の墓地ソースとは一風変わった攻めっ気の強いデッキなので触ってみると真新しい感覚が味わえると思います。

どうしても身内環境の《ミクセル》が邪魔で困るという場合はテックカードの《ラフルル》や《グール》を切って《爆撃男》を採用すると幾許か楽になると思います。《デスマッチ・ビートル》や《クローチェ・フォーコ》は諦めるしかないです。。。

大半のカードがレアリティが低くお安いパーツばかり(高いカードは《オブザ》くらい)なので是非作って回してチェンジ型の墓地ソースを楽しんでみてください。